壊れたピアノ高額買取のコツ

結論:壊れてもそのまま査定に出す方が結局得をするようです!!

例えば,
・音が変になっている.
・出ない音がある.
・剥げている部分がある,
・足が折れかけている.

長く使っているとピアノ.
歴史を踏めば,故障がつきものです.
壊れている部分があると査定が心配になりませんか??
査定前に修理を考える方は少ないようです.

でも修理せずに査定に出す事をお勧めします.
その理由は…

『もともとピアノ業者で修理をするため』

ピアノ買取会社は買い取ったピアノをそのまま売るのではなく必要な修理やメンテナンスを行います.
せっかくお金をかけて修理しても結局修理するので単なる二度手間になります.

ピアノ買取会社はそもそも内部に修理部門を持っている事が多く修理は原価で,つまり安く行うことが可能です.
同じ修理でもピアノ買取会社が行う方が理屈上,安価に行うことができます.

修理した方がもちろん高く売れますが修理にかかった費用ほど査定額が上がりません.
特に,古いピアノは,査定額が低く修理をしても基本的に値段が変わらないケースが多いです.